幻の書『露日海戦史』に記された日露戦争の真実
(掲載文と多少異なります)
 
今年は日露戦争勝利の百周年に当たるが、この日露戦争をロシアの歴史はどのように記述しているのであろうか。諸外国の歴史の中でロシアほど歴史が政権によって変動する国は珍しく、白色人種として最初に有色人種に敗北した無念から責任追及が厳しい帝政時代、日露戦争の敗北が革命に連なったことから比較的公平な革命期のレーニン時代、大国主義史観のスターリン時代、自由化が進み真実の歴史へと回復し掛かったエリチンの自由化時代、そして大国主義に再び回帰しつつあるプーチンの大国史観と変転を繰り返してきた。

 そこで、ロシア海軍軍令部が編纂し、日本海軍軍令部が翻訳した『千九百四-五年 露日海戦史(復刻・芙蓉書房出版)』を基として帝政ロシアから見た日露戦争を紹介することとする。本書の第一の価値は四転五点したロシアの日露戦争史観の中で最も史実に近いことである。すなわち本書が編纂された当時は日露協商の帝制の時代で、日露両海軍は共通の敵ドイツと「昨日の敵は今日の友」としてともに戦っていた。日本は軍艦が不足するロシア海軍に日露戦争で捕獲した戦艦ペレスウェート(相模)など3隻を譲渡(売却)し、さらに米国の満州進出を阻止しようと秘密の軍事協定も結んでいた。このような国際関係から日露両海軍は相互に海戦史を交換し、本書は日本海軍が編纂した『明治三十七八年海戦史』を利用するなど、スターリン時代のような極端な歴史の改竄や反日的記述はない。しかし、白人大国ロシアが有色人種の小国日本に敗北したことへの屈辱感から、本書は敗因と敗軍の将の責任を追及するに急で辛辣な人身攻撃が各所に見られる。また、敗因や敗北の責任追及を重視しているため、随所にロシア中央政府(皇帝や陸海軍、外務省など)の意図や対応、会議における発言や報告書、電報などが記載されており、当時のロシア政府や海軍の内情が赤裸々に記されている。そこで、本書をもとにロシア、ソ連、ロシアと国名が変わる毎に史観変わるロシアの日露戦争観が、どのように変化していったかなどにも触れながら『露日海戦史』で明らかになった史実を述べることにする。

ニコライ海軍大学の対日戦争図上演習

 ロシア海軍が対日戦争の図上演習を最初に行ったのは、三国干渉により強い反露感情が高まった1896年、第2回は義和団事件で満州に進駐し、対日関係が緊迫した1900年であり、その後は1902年、1903年と毎年行われて1904年の開戦を迎えた。最初の図上演習では兵力劣勢なためロシア海軍が全敗したが、1903年の図上演習では1905年に完成する兵力として、旅順に戦艦10隻、巡洋艦13隻、駆逐艦36隻を、ウラジオストックには巡洋艦4隻を配備した。図上演習は、宣戦布告なしの開戦や、旅順港外のロシア艦隊への奇襲、旅順湾口への機雷敷設、外国港湾(仁川)在泊中の巡洋艦が通信不能で武装解除されるなど、ほぼ実際に生起したシナリオのとおりであった。

 日露艦隊の主力が激突した黄海海戦の図上演習では、日本艦隊が戦艦の三分の二、ロシア艦隊は二分の一を失い、ロシア艦隊は逃走する日本艦隊を追跡し、済州島付近で捕らえるものの戦艦3隻、巡洋艦2隻と駆逐艦7隻を失った。しかし、日本艦隊は全艦艇が戦闘力を失い、勝利したロシア艦隊で修理を必要とする艦艇はウラジオストクに、その他の艦艇は旅順に向かった。しかし、ウラジオストクに向かった部隊は日本海軍の残存部隊に撃沈され、陸軍の輸送船を攻撃していた巡洋艦部隊も撃沈されて演習は終わった。演習終了後にニコライ海軍大学からは、攻勢作戦を展開するには日本海軍の1・5倍の兵力が必要であり、ヨーロッパからの増援が不可欠である。黄海や日本海の制海権の確保が戦争を左右する。日本艦隊を撃破後は朝鮮半島南端の馬山浦を前進基地とすべきであるなどとの図演報告書が提出された。

 極東では1901年に、極東総督アレクセーエフ海軍大将から、平洋艦隊司令長官スクイドロフ中将に対して、対日戦争計画の立案が命じられた。提出された計画はウラジオストックを主基地とするものであったが、アレクセーエフ総督によって旅順を主基地とし、ウラジオストックを通商破壊作戦用の巡洋艦の基地にすることに改められた。その後、1903年春に戦艦2隻、巡洋艦6隻、水雷艇8隻が回航されると、アレクセーエフは対日作戦計画の見直しを命じ、1903年4月30日には艦隊参謀長エーベルガルド大佐から、馬山浦を前進根拠地とする作戦計画が提出された。しかし、アレクセーエフをはじめ会議参加者が、馬山浦は日本に近く魚雷艇などの襲撃を受ける危険性があると反対し、アレクセーエフは「目下採用ノ価値ナシ」とした。しかし、ロシア海軍が優勢になった場合を考慮し、「棄ツルヘキモノニアラス」と保留し開戦を迎えた。

 一方、首都のサンクトペテルスブルグでは、1903年にロシア海軍軍務局の対日作戦計画担当者ブルシロフ中佐が、極東で「絶対優位権ヲ確立セント欲ス」るならば、「須ク日本ヲ撃破シ」し、「艦隊保持権ヲ喪失セシメ」なければならない。現在は日本海軍が優勢であるが、2年後には日本の戦艦6隻に対して13隻、装甲巡洋艦も6隻に対して5隻となるので、当面は「縦令、多大ノ譲歩」をしても対立を回避するのが「得策」である。「既ニ予メ二カ年後ヲ以テ対日宣言ヲ布告スルコトヲ決シタル以上」、海軍軍備については「今後二カ年ヲ経テ日本ニ対シ宣戦スルノ堅キ決心ヲ以テ、不撓不屈戦備ヲ修メ」るべきである。陸軍については「朝鮮ヲ侵略シ得ルニアリ」、それには2年後までにシベリア鉄道を完成させる必要がある。外務省は開戦時までに有利な国際関係を構築すべく努力すべきである。

 また、極東において優位を確立するには戦争で「日本人ヲ撃破スルノミニテハ不十分」で、「更ニ之ヲ殲滅セサル」べからずとの強硬な覚書を提出したが、この覚書で注目されるのが、何時、どのような会議で決められたのかは不明であるが、「既ニ予メ二カ年後ヲ以テ対日宣言ヲ布告スルコトヲ決シタル以上」と、1901年には対日戦争を決定していたと思われる1行である。この覚書に軍務局長ロジェストウェンスキー少将(のち中将、バルチック艦隊司令長官)は、我々の目的は日本を殲滅するのではなく、「単ニ朝鮮ヲ我領土ニ併合スルニアリ」。従って海軍兵力も日本海軍を凌駕する必要はなく、「日本軍ヲ朝鮮カラ駆逐セントスル陸軍ノ努力ヲ軽減スレバ足レリ」。日本との戦争はどのような場合でも、「吾人ノ利益タル能ハザル」ものである。日本との戦争は欧米列強との「新戦争ヲ誘発スル」ので避けなければならないと反対していた。

開戦直前の対日戦争準備

 1904年1月28日に日本の提案に対する回答が、海軍元帥アレクセイ・アレクサンドロウィチ大公の司会で、クロパトキン陸軍大臣、ラムズドルフ外相、アウエラン海軍総務長官、極東特別委員会長アバサ海軍少将などで協議されたが、ラムズドルフ外相が強く日本との妥協を主張し皇帝に直訴したため、日本への回答は「多少調和ノ精神ヲ以テ作成」された。このような妥協的な回答となり回答が遅れたのは、充分な兵力が整備されるまで対日戦争を2年間は避けたいとの海軍の意向や、ウエレニュース少将指揮の戦艦オスラビア、巡洋艦アウローラ、ドミトリ・ドンスコイ、駆逐艦7隻、魚雷艇4隻が極東に回航中で(開戦時はジプチに在泊)、これらの艦艇が旅順に到着するまで、交渉を引き延ばしたいという計算もあったのではなかったか。

 また、相互に公使が退去してもアレクセーフが警戒を強めなかったのは、日本に妥協的な回答を送付しており(未着)、また、まさか小国の日本が大国ロシアに刃向かうことはないと、日本をユーラシア大陸で併合してきた部族国家程度と軽視し、軍事的圧力を加えれば譲歩すると考えていたのではないか。これは陸軍から動員を完了するまで1ヶ月間、日本陸軍の営口上陸を阻止できるか。ロシア艦隊が日本艦隊を撃破できない場合に、海軍は日本陸軍の朝鮮半島への上陸をどの程度遅延できるか、との黒竜江軍管区司令官フルーグ少将の質問に、太平洋艦隊参謀長ウイトゲフト少将(後の太平洋艦隊司令長官)は、「敵ノ営口上陸ハ思イモヨラザルコト」であり、わが艦隊が日本艦隊に撃破されるようなことは「到底、余ノ想像ヲ許サザル所」であり、朝鮮半島への上陸も「亦同断」である。「海上権ハ如何ナル事情アルモ」日本海軍に取られることはないと回答していた。また、ロシア国民や海軍の関係者も日本を軽視していたため、開戦後2ヶ月間は戦争の国家的意義について「左程社会ノ注意」を引かないだけでなく、海軍部内においてさえ「顧慮セシ者僅小ナリ」という情況であったという。このため予備役艦艇が現役への復帰が命じられたのは、開戦半月前であり戦争準備は殆ど行われていなかった。

宣戦布告前の旅順攻撃をめぐる非難

 日露戦争当時は外交関係の断絶をもって宣戦布告とすることが国際的慣行で、宣戦布告の必要性が決められたのは、日露戦争2年後の907年のハーグの国際平和会議からであったが、ロシアが常に非難するのが宣戦布告なしの旅順艦隊への奇襲である。『露日海戦史』には1904年1月31日に、ラムズドルフ外相を訪問した栗野慎一郎公使が、事態の「急速解決ノ為」に「全力ヲ尽クス」ことを約束した。公使はロシアが「遂ニ一層譲歩ノ途ニ出タルヲ公然知悉シ」、2月3日には日本案への回答がアレクセーエフ総督に送信されたことを知りながら、日本はその3時間前には開戦を決しており、ロシアの平和的な申し出は「斯ノ如クシテ好結果ヲ奏セサリシナリ」と書いている。さらに、栗野公使が最後通諜をラムズドルフ外相に提出したとき、国交は断絶されたが戦争は「依然避ケ得ヘキ希望ヲ有ス」と述べたこと、ローゼン公使が小村寿太郎外相に国交断絶とは何を意味するのか、戦争を意味するのかと問い合わせたところ、小村外相は「微笑ヲ漂エ『未ダ戦争ニハアラズ』」と答えたのに、その時には日本海軍が日本海や朝鮮の港湾で、ロシアの商船を拿捕していたと非難している。
 
 また、英国は開戦に反対したが、日本が英国の反対を排して開戦に踏み切ったとして、その理由を次のように書いている。英国のランズダウン外相は林董駐英公使に、ロシアが日本の提案にたいして「最早是ヨリ以上為シ能ハザル譲歩」をしているので、もし日本がロシアの提案に応じないならば、「列強モ日本ヲ扶翼スル」ことはないであろうと通告したが、日本は「断固開戦ト決定」した。それは対露戦争のために、すでに「数百万円ヲ投ジ」ていたからであると記されている。しかし、ランズダウン外相と会談した林公使は、駐英ロシア公使がランズダウン外相に、韓国に関する日本の「要求一切ヲ受諾シ」、満州については清国の領土保全を尊重するとの宣言を発することを明言したと述べた。これに対してランズダウンは、当初から「討議スルコトヲ執拗ニ拒否シナガラ」、急にこのような宣言を発する理由を訊ねたところ、公使は「稍ヤ當惑ノ体ヲ顕ハシタリ」。そこでランズダウンは「兎ニ角、此ノ保障又ハ宣言ハ日本ノ意ニ副ハサルヘシ」と答えたと林公使に伝え、ロシア公使との会見の内容を日本に知らせるのは、「敢テ日本ニ対シ勧告若クハ圧迫ヲ爲スノ意ニ非ス」、それは「知リ得タル所」を日本に知らせるのが同盟国の「義務ト信スル」からであると語ったと報告している。
一方、ランズダウン外相は、日露戦争が始まった2が月後の4月14日に、駐英デンマーク公使に「わが政府は日本を穏健ならしめるよう及ぶ限り努力を重ねてきたが、日本は聞き入れず、ロシアとの紛争を好きなように決着したいと主張した。………日本との同盟は全然平和的なもので、むしろ日本を抑制する目的ためにある」とも語っていた。いずれが正しいのであろうか、イギリス特有の二枚舌発言であろうか。

 また、『露日海戦史』は日本が「ロシア艦隊が2月3日に旅順を出港した。行き先および目的は不明である」との芝罘からの新聞報道を口実に、戦争に踏み切ったとし非難し、ロシアの回答が開戦前に到着しなかったことについては、回答電報は2月4日にサンクトペテルスブルグから発信され、5日にはアレクセーエフから東京に転電されたが、日本の電信局が配信しなかったため、外務省に到着したのは2月7日の国交断絶後であったと記している。

 しかし、なぜ、ロシアは旅順を奇襲されたのであろうか。それは前年10月5日にアレクセーエフがニコライ皇帝から、「可成戦争ヲ避クルノ方針」を勅諭として受けていた。また、中央からの電報は日本の最後通報の写しだけで、何らの説明も付いていなかった。さらに、アレクセーエフに転送された電文の最も重要な末尾の「自国ノ権利並ニ正当ノ利益ヲ保護スル為、最良ト思惟スル独立ノ行動ヲ採ルベキ権利ヲ保留ス」との、宣戦布告を意味する文節が省略されていたのである。このためアレキセーエフは、国交断絶が「宣戦布告ト同様ナリト解釈スルハ至当ナラス」と考え、偶発的行為が日本を刺激し戦争となることを懼れた。そのため旅順の新聞社「ノーウィ・クライ」が、日露両国の公使が首都を退去したことを号外で出したいと総督府に許可を申し出たが、アレキセーエフは号外は過剰反応を起こすと「好マズ」、翌日の新聞で一般的記事として扱い、さらに「平和的手段ヲ以テ解決スルノ望アル旨ノ説明ヲ付ス」ことを要望した。

 このようなことから7日には、旅順の日本人商人が商品を叩き売りし、8日には芝罘から日本領事が旅順を訪れ、日本人全員を英国船に乗せて引き揚げた。この異常な引き揚げの光景を見たツイルノフ大佐は、総督に事態が深刻なことを報告したが、総督は動かなかった。またアレクセーエフは国交断絶の電報を身近な幕僚や艦隊司令官には知らせたが、要塞司令官などには知らせなかった。それどころか、艦船が警戒し防水雷網を取り付けると、スタルク艦隊司令長官は「大警戒ハ早計」である。「外交談判ハ平和的解決ノ望」があり、徒に日本を刺激すると激怒し撤去させたが、これはラムズドルフ外相が国交は断絶し、両国公使は相互に首都を退去したが、「戦争免ルベカラズト言フベカラズ」。なぜならば、この戦争がロシアには利益がなく、「皇帝陛下ハ宣戦ヲ布告スルコトナカルベシ」との書簡を陸軍大臣クロパトキン大将に送るなど、大国のロシアに極東の「小猿(マカーキ・日本軽視の皇帝の常用語)」から、戦争を仕掛けるとは想像もしていなかったのであろう。この日本に対する軽視・蔑視が旅順港外の日本海軍の奇襲を許したのではないか。しかし、日本海軍の旅順奇襲はスターリン時代だけでなく、ニコライの宣戦の詔勅でも「日本政府は外交関係の断絶が軍事行動の開始を意味することを予告せずに、水雷艇で朕が艦隊を突然襲撃セリ」と非難しているが、これはラムズドルフ外相がアレキセーエフだけでなく、ニコライ皇帝にも日本の最後通報の末尾の「最良ト思惟スル独立ノ行動ヲ採ルベキ権利ヲ保留ス」との部分を削除して報告したためではないか。

旅順攻略と肉弾攻撃

 旅順要塞の善戦は敗北が続くロシア国民やロシア軍に「一楼ノ望」を与え、「暗黒面ニ一道ノ光明」を放つものであった。それだけに旅順の降伏は有利に戦争は進展していると信じていたロシア国民や、ロシア兵に「精神上甚大ナ影響」を与え、国民の戦争に対する疑念を増進し、戦争の継続に動揺をきたした。この旅順陥落の衝撃の大きさを、レーニンは機関紙「フペリヨード」に次のように書いている。

 「旅順は降伏した。この事件は現代史上のもっとも大きな事件の一つである。日本は戦争の主目的を達成した。進歩的な進んだアジアは、遅れた反動的なヨーロッバに取りかえしのっかない打撃を与えた。10年前にロシアを先頭とする反動的ヨーロッパは、若い日本が中国を壊滅させたことに不安を抱き、日本から勝利の最良の果実を奪い取るために結束した。日本が旅順を取り戻したことは、反動的ヨーロッバ全体に加えられた打撃である。ロシアは6年のあいだ旅順を領有し、幾億、幾十億ルーブルを費し、戦略的な鉄道を敷設し港を造り、新しい都布を建設し要塞を強化した。この要塞はヨーロッパの多くの新聞が難攻不落だと褒め称えたものである。ところが、イギリスとフラソスがセバストポリ要塞を占領するのにまる1年もかかったが、ちっぽけな、これまでだれからも軽蔑されていた日本が、8ヶ月で占領したのである。この軍事的打撃は取りかえしのつかないものである」。「専制に加えている批判は、今や日本の武器によって裏書きされたのである」。旅順の陥落は、ツァリズムのもろもろの罪悪にもっとも大きな歴史的総決算をつけるものである。戦争はまだ決して終わっていないが、新しい偉大な戦争、專制に対する人民の戦争、自由のためのプロレタリアートの戦争の時機は近づいてくる。専制は弱められた。いちばん信じようとしない人々までが、革命が起こることを信じはじめている。人々が革命を信じることは革命の始まりである。

 なお、日本軍の沙河会戦が始まった10月1日に、常に最前線に出向き部下からも最も信望があった勇将コンドラテンコ少将から、ステッセル大将に旅順を今後とも確保することは困難である。旅順の失落は太平洋艦隊の消滅に連なり、「国家ノ威信ヲ毀損スルコト甚大」である。旅順を失う前に講和を申し出るならば、「国民ノ自尊心」を傷付けることのない有利な条件での講和も可能であると上申していたが無視された。
一方、12月29日の旅順防衛会議で、「列席者ノ過半」は「飽クマデ防御ヲ継続スヘキヲ主張シ」た。しかし、旅順防衛陸軍参謀長レイス大佐1人だけが、無益な抵抗を止めて名誉ある降伏をすべきであると「断然降伏説ヲ主張」し、『露日海戦史』には旅順降伏はステッセルがレイス参謀長だけと協議して決めたと書かれている。日本では旅順攻略には「肉弾攻撃」と銃剣突撃を繰り返し、多数の死者を出したことから愚将乃木などと非難されている。しかし『露日戦争史』には二〇三高地を占領し、港内在泊仲の艦艇を砲撃する弾着観測の「好地点ヲ得テ…….三日間ニテ第一太平洋艦隊ノ戦力ヲ全失セシメタ」。旅順要塞への「肉弾的強襲ノ際蒙リタル損害ヲ優ニ償ヒタルモノト云フベシ」と、二〇三高地の占領も肉弾突撃も評価している。

日本海海戦の敗北と敗軍の将への批判

 レーニンはバルチック艦隊の敗北を次のように書いている。
帝政ロシアの完全な軍事的挫折は、あの時(旅順陥落)すでに明確になったが、バルチック艦隊はまだロシアの愛国主義者たちに希望の影を感じさせていた。誰もが、戦争の最終的結末は海上における勝利にあると理解していた。専制政権は戦争の不幸な結末は「国内の敵」の勝利、すなわち、革命の勝利に等しいものと見ていた。それ故、全兵力を賭けた。バルチヅク艦隊の派遣に何億ルーブルもが費された。乗組員を四方八方から狩り集め、大急ぎで艦艇を修理し、その数を増加させた。ロシア帝国のように巨大な、馬鹿気げた無能な怪物のような膨大な艦隊が征途にのぼった。しかし、最後の切札も破られた。それは総ての人たちが予想していたことだが、ロシア海軍の敗北が、このように仮借なき潰減にたろうとは誰一人として考えなかった。ロシア艦隊は素晴らしく武装された日本艦隊に向かって真っ直ぐに飛び掛った。かくして惨敗し司令長官が捕虜にされた。ロシア海軍は完全に撲減された。……戦争は峻厳な裁判所であった。国民は既に、この乱暴者どもの政府に自分の判決を宣告した。革命は、この判決を執行するであろう。

 『露日海戦史』には日本海海戦の敗因については、「要スルニ計画極メテ杜撰」であり、「思慮浅薄ク而モ何等ノ定見ナキ行動ヲ以テ終結シタ」が、麾下の艦長や将校の多くは、軍人としての手腕は遙かにロジェントスキー中将より優れ、「克ク其任ヲ尽シ、軍艦ノ名誉ヲ後世ニ残シタ」と讃えている。また、スォロフ、ボロジノ、アレクサンドル三世などと十数隻の艦艇の名前を挙げ、これらの艦艇の奮戦は「永久ニ我露国海軍ノ亀鑑」となるであろうと讃えている。しかし、指揮官に対する批判は厳しく、ロジェストウェンスキー中将は、艦長が司令長官を訪問しても「無愛想ナル態接、時ニ侮辱的態度ヲ以テ応接セラレ、屡々叱責セラルヲ常トセリ」。このため「艦長ノ多クハ中将ヲ虞レ」、「残酷ニシテ屈辱的ナル態度」と、全艦隊宛の「信号ヲ以テスル苛酷ナル叱責ヲ恐レタリ」。司令部には多くの参謀がいたが、総てをロジェストウェンスキー司令官が握り、参謀長は「余ハ長官ノ命令ヲ機械的ニ実施スル外、何等ノ余裕ナク作戦計画ノ可否等ニ関シテ論究スル暇ナカリキ」と答えている。また、最も信任の厚かったスウェントルジェツキー大尉は、参謀といっても仕事は暗号文の組み立てや翻訳などであり、「単ニ機械的ニ作業ニ従事シタノミ」で、作戦計画の立案、命令の起案などの参謀業務は、総てロジェストウェンスキー司令長官自身が行っていたと証言している。

 対馬海峡突破対策についても、「敵ニ最初ノ一撃ヲ加エン為ノ展開」や、「戦闘中ニ於ケル行動ニ就テモ何等討究スル所ナ」く、さらに沖縄沖では石炭を搭載中の1時間半の間に、精神的に過敏となったロジェストウェンスキー中将が、旗流信号を50回も掲揚し指示を連発したことをあげ、「如何ニミ奮セルヤヲ察スルニ足ルベシ」。艦隊司令長官の行動は、戦闘中や準備中を問わず、「全然正当ナルヲ発見スル能ハス」。また、麾下の司令官も「全部消極的」であり、「一モ積極的ニ行動シタル迹ナシ」。ロジェントスキー中将は「意志強健ニシテ剛胆又職務ニ忠実」、「補給経理ノ才アルモ、悲哉軍事上ノ知識皆無ナリ」。ヨーロッパから対馬海峡への遠征は、「実ニ空前ノ壮挙ナリ」とするも、「一度戦闘場裡ノ指揮官」となると、「何等軍事上ノ才略ナク」、戦闘に対する準備も指揮も「実ニ拙劣ヲ極メタリ」と批判はとどまることをしらない。

 太平洋艦隊の司令長官ウィトゲフト少将(マカロフ中将の戦死後)については、「性来決断力ニ乏シク」、かつ「周囲ノ状況ニ精通セ」ず、「機ニ臨ンテ徒ニ逡巡スルノミ」で「何等策ノ施ストコロ無ク、結局総ノ計画ヲ水泡ニ帰セシメタ」と非難しているが、最も非難されているのは降伏したネボガトフ少将である。確かに敵の兵力は圧倒的であった。しかし、わが艦隊の名誉のために「碧血ヲ流スモ決シテ無益ニハアラサルナリ」。古来、戦士の名誉ある死は、「独リ現代国民ノ士気ヲ鼓舞スル」だけでなく、「子々孫々迄モ及スモノナリ」。将兵の勇敢な模範的行動は、「幾世紀ヲ経ルモ国旗ノ名誉ト共ニ永久ニ朽セス」。これに反して不名誉な降伏は後世にまで「臆病ノ因ヲ播クモノナリ」。弱者は自己の卑怯な振る舞いを、マカロフ少将の降伏を「誘惑的範例」とし、ロシア軍の「組織ヲ廃頽セシムヘシ」。ネボガトフは降伏して2400名の命を救った。しかし、「露国民ハ感謝セシヤ」「露国ノ歴史ハ之ヲ是認シタルヤ」と厳しく非難している。

 一方、日本海軍の勝因は艦艇などの武器だけでなく、艦隊の構成や多年にわたる連戦連勝で高められた技量と「士気ノ旺盛ナル」こと、各級指揮官間の統率関係は明確で、「部下ハ許サレタル範囲内デ独断事ヲ処スル」ことができた。各戦隊の連携は実に見事で、各級指揮官は上級指揮官に対し、「自由ニ各自ノ意見ヲ陳述セリ」。「各戦隊ノ協同動作ハ実ニ完全ナリ」。旅順港下で小艦艇間の戦闘に直ちに巡洋艦や主力艦が現れ、「恰モ魔力ヲ有スル如ク時機ヲ失セス集合スル」と賞賛している。また、敵前直角回頭のT字戦法については、日本艦隊の大角度変針は、わが艦隊にとっては「実ニ意想外」であり、また「甚シク乗員ヲ歓喜セシメタ」。これは艦隊がわが艦隊の弾着距離内で一時、「発砲不能ノ地ニ陥リタル」からであり、12隻の軍艦が一定の航跡を通過して回頭を終わるまで、絶好の射撃機会を提供するからである。英国のネルソン提督も致命的危険といわれた「敵ノ縦貫射撃ヲ冒シ」、トラファルガルの海戦に勝利したが、東郷提督とネルソン提督の「策戦ガ恰符節ヲ合シ」、「賢明ニシテ旦勇敢ナル行動」により勝利を得たと賛辞している。

日露戦争史観の史的変遷

 『露日海戦史』では日露戦争の原因は、必要な「根拠地ノ用意ナク、徒ニ極東進出ノ速ナラン」ことを考え、武力に欠けていたため中国に妥協しアルバジンから撤退し、ネルチンクス条約を締結した。このため、以後「凡ソ一五〇年ノ間、黒龍江及支那ニ対シ行動スルノ自由ヲ喪失シタ」ため満州に進出できず、満州への進出が日露戦争に連なったと、日露戦争の原因がネルチンクス条約の締結にあったとしている。一方、レーニンは日露戦争の原因はロシアの満州への野望であつたと次のように書いていた。

 「戦争が始まった。ロシアの労働者と農民は、何のために日本人と戦っているのか? ロシア政府が略取した新しい土地「黄色いロシア」のためである。ロシア政府は諸外国に中国の不可侵性を守ることを約束したが、その約束を履行しなかった。ツァー政府は軍事的冒険に暴走し、後戻りすることが不可能になっていた。「黄色いロシア」には要塞と港湾が造築され、鉄道が敷設され、何万の兵隊が集結された。が、ロシア国民にとっては、一体、何の利益があるのか?」。

 このためレーニン時代には、教科書の記述も「日本を憤激させた有力な山師たち(ベゾブラーゾフ一派のこと)の朝鮮における強盗的な目論見が、戦争への誘因を与え、それらが作り出した雰囲気の下に、1904年1月14日の交渉が決裂し戦争が勃発するに至った。ロシア艦隊に対する成功的襲撃は、日本に対して制海権を保障した」と書かれていた。しかし、東京湾のミズリー艦上で降伏文書に調印した1945年9月2日、スターリンは次のような演説をした。

 「同志、男女同胞らよ。 本日9月2日に日本国民および軍部代表者らは無条件降伏文書に署名した。 連合諸国の武力によって、 陸海において撃砕され四方から包囲された日本は、自己の敗者たることを認めて矛を収めた。.....日本の侵略行為は1904年の日露戦争当時から始まっている。....1904年の日露戦争の敗北は、国民に悲痛な記録を残した。 その敗北は、 わが国に汚点を止めた。 わが国民は日本が撃破され、 汚点が払われる日の到来を信じて待っていた。 40年間、 われわれの古い世代の人々はその日を待った。 遂にその日が到来した。 今日、 日本は自己の敗者たることを認めて、 無条件降伏文書に署名した。 このことは南樺太と千島とがソ連領土に移り、 今後両者が太平洋からソ連を隔離する具となることなく、 またわが極東に対する日本の攻撃基地の役割をなすことなく、 ソ連邦の大洋にいたる直接の連絡路となり、 日本の侵略に対するわが国の防衛基地の役割を果たすことを意味する」。

 そして、スターリン時代の中等学校近代史(1972年)には、「日本と米国は太平洋地域における公然の侵略に乗り出した」。「日本帝国主義者どもは、日清戦争後、直ちに極東における勢力範囲の再分割のため、ロシアとの戦争の準備を始めた。日本は朝鮮を、さらには清国の東北諸州(満州)をも掠取することに驀進していた。日本帝国主義者どもは、また、固有のロシアの領土 ― サハリン島およびロシア領全極東までもの、侵略を夢見ていた。ロシアとの戦争に備えて、日本は1902年に英国と同盟を結んだ。1904年の初頭に日本海軍は、戦争の宣言なしに旅順港のロシア艦隊に襲いかかり、第一級の軍艦数隻を隊列から脱落させた。ロシアはツァー政府の失態によって、遠隔の戦線における大きな戦争には全く準備ができていなかった。ロシアの陸兵と海兵のヒロイズムにも拘わらず、ツァーの陸海軍は敗北を喫した。この戦争で撃破されたのはロシアではなく、ロシア国民でもなかった。国民に縁のない帝国主義的戦争に、国民を犯罪的に引き摺り込んだ腐敗したツァー体制が撃砕されたのである。ポーツマス講和会議で日本は、ロシアが清国から租借していた遼東半島の旅順と大連を奪い取った。ロシアは朝鮮と南満州における日本の優位的影響力を認めた。それのみか、仰天したツァーは、日本の侵略者どもにサハリン島の南半分をやってしまった。何という史実と異なる敵意に満ちた日露戦争観であろうか。

 ゴルバチョフ大統領の自由開放時代には、ロシアの歴史は一時的には中庸に戻るが、大統領がプーチンに変わると、大国意識から再び愛国史観に変わり、2003年発行の歴史教科書には、「ツシマ海戦(日本海海戦)はロシア軍事史の汚辱の一ぺージとなり、ロシア国民の国家的自尊心をいたく傷つけた」と変わった。また、2004年1月にはロシア大統領府と政府が主宰する歴史雑誌『ロジナ(祖国の意味)』が日露戦争特集を組んだが、その内容は「日本が奇襲攻撃を仕掛けたから敗北した。もし、宣戦布告があれば負けなかった」とか、「戦争を継続していれば勝てた」などと、スターリン時代と変わらない大国主義の論文が並んでいたが、さらに2005年にはロシア教育省はエリツィン政権時代の1993年に出版された高校生用の教科書『二〇世紀の我が国の歴史』を「一方的かつ否定的で偏見に満ちている」として使用を禁止した。しかし、帝政時代からプーチン大統領の現代まで不変なのは貪欲な領土欲で、自由解放後に書かれたロシア国防省軍戦史研究所のロストーノフ博士(陸軍中佐)の『ソ連から見た日露戦争』(原書房)でも、「当時の版図に含まれるロシア領土が、日本あるいは中国の何れにも属していなかった。ロシア人は無人の地に移住し、彼らは資源を発見し、町を建設し、地方部族と経済的活動の経験を分かち合い、建設的殺し合い戦争の廃止を援助しながら、これらの部族との平和的関係を確立してきた。ソビエト極東として知られている版図は永年のロシアの国土であり、多くの世代に渡るロシア人の巨大な努力によって発展した」と書かれている。このようにロシアの領土観は日露戦争から一世紀が過ぎたがあまり変わっていない。