『日露戦争を世界はどう報じたか』
目次
はじめにと著者紹介

第1章 日露プロパギャンダの戦い  平間洋一
はじめにー日本の広報戦略
第1節 文明国としての国際法の尊重
1 日本軍の国際法教育とその対応
2 観戦武官・記者への対応
第2節 人道主義をめぐる日露戦争―日露両国の捕虜をめぐる対応
第3節 文明国をめぐる日露戦争―立憲民主国と専制独裁国の戦争
第4節 日本に学んだ欧米諸国―愛国心と武士道
第5節 日本の広報戦略の蹉跌―人種戦争への点火
第6節 日露戦争と日本の新聞
1 主戦論と非戦論 
2 露探問題と号外競争
おわりに 日本のメディアと日比谷騒動

第2章 ロシアのメディアから見た日露戦争 コンスタンチン・O・サルキソフ)
第3章 中国のメディアから見た日露戦争   熊達雲
第4章 欧米のメディアから見た日露戦争   飯倉 章
第5章 イスラーム世界のメディアから見た日露戦争  坪内隆彦

第6章 世界の教科書が教える日露戦争  平間洋一
はじめにー低い評価の日本の教科書
第1節 ロシアの教科書
第2節 イギリスの教科書
第3節 アメリカの教科書 
第4節 インドネシアの教科書
第5節 ベトナムの教科書
第6節 ヨーロッパの教科書
第8節 中国とインド、韓国の教科書
第9節 日本の教科書
おわりにー歴史は国家のアイデンティの支柱

終章 日露戦争の一世紀  平間洋一
第1節 新聞の煽り現象と戦争
第2節 日露戦争の総決算
第3節 情報(インテリジェンス)史の重視

参考文献
索引(新聞・雑誌など)(人名)(事象・地名など)